2017年8月7日月曜日

お盆期間中の営業



暑い日が続いております。溶けてしまいそうです。
キルタンサスのスピラリス開花です。人間もこんなふうにクルクルに進化できたら暑さをしのげるのかな~。
Cyrtanthus spiralis


*お盆期間中の営業*
8月11日(金)から16日(水)まで休まず営業致しております。

Binowee



2017年8月2日水曜日

August 夏の雨



昨日の夕方からの豪雨で空が洗われ暑かった空気が何だか秋らしい今日です。
家の部屋を全部閉めきっても扇風機回さなくても快適。
注文していた遮光ネットがやっと届いて店の屋根にかけ、台風が来るからとハウスの外していたビニールを雨が降る前に張ってしまおうと暑い中セコセコと頑張ったのですが太陽は和らぎ台風はあっちに行く?お天気つかむの難しいですね。

希少ティランジアのエディサエ開花中。美しいです。
Tillandsia edithiae
 ディスコカクタス いつの間にか咲いていた。
咲ききらない蕾からはエレガントな香りがしました。
Discocactus sp.
 プセウドリトスのミギウルティヌス結実中。大収穫際です。
種子から育ててみたい方、販売しますので声をかけてください。
Pseudolithos migiurtinus
8月5日(土)は千倉サンバフェスタです!
道の駅潮風王国で16:00から入場無料のイベントが開催されます。
http://chikura-samba.com/




2017年7月26日水曜日

Plants Plants Plants !



ずーっと続いていた暑さも今日から北よりに風が変わって涼しく過ごせています。
数日南風が強かったので海水が冷たく砂浜にいると天然のクーラーのようにひんやりして気持ちがいいです。

さて、お店の植物の紹介です。納品しても1点ものが多いためいつも紹介が間に合わずお客様の手に渡っていきますが今回はいくつか作れているのでご紹介します。

タリナム カフラム
親株は南アフリカからの輸入株です。原産はボツワナ、ナミビアに広がるカラハリ砂漠。
昨年からの実生で小さいながらも蕾を持ち始め株元も小さくふっくらしていてかわいいので出し始めました。
Talinum caffrum

アロマアカシア
こちらも実生です。何年たったかな?黄色いポンポンのとっても癒される香りの花が咲きます。何年か前の冬に開花株を出していたのですがあの香りがする花です。
Acacia farnesiana
写真探しました!これです。2011年の冬でした。
ラッセリア
メキシコ原産の比較的耐寒性があります。何とも言えないビビットカラー。
Russelia equisetiformis




2017年7月20日木曜日

Summer Day !!


7月

昨日、梅雨が明けました。18日の火曜日は7月に入って初めての恵みの雨が降りました。
家から見える隣りの海には何度も稲妻が走りすぐさま巨大な音をたて落ちていました。
暑い日が続きますがお店に足を運んでくださるお客様本当にありがとうございます。
さぁ、夏を楽しみましょう!
Vitex agnus castus チェストツリー
これから大きい台風に備えての下準備をしていきます。陽炎と共にジリジリです。
Frangipani
Goniophlebium


2017年7月7日金曜日

☆~☆~☆



暑い日が続いております。梅雨はどこへ行ってしまったのでしょう。
うちのネコたんライちゃんは暑いので夕方にならないと店に現れなくなりました。
 暑いけれど植物達は元気です!
ツルビニカルプス・グラキリス この小ささで三年目にしての開花。
Turbinicarpus gracilis
ウスネオイデスも一気に咲き始めました。
Tillandsia usneoidesu

明日から2日間千倉祭礼です!




2017年6月23日金曜日

プラティケリウム グランデ



プラティケリウムのグランデ 板に仕立てました。木材はBinoweeのカウンターの廃材だったりいろいろです。一年がかりで良い感じになるのではないか?と思います。
既にいくつか旅立ってしまいましたが気になる方はどうぞ!
今はまだこんなだけど大型で子吹きしないプラティケリウムです。
 Platycerium grande

写真は昨年チェンマイのカムティエンフラワーマーケットにて。
Khamthiang Flower Market Chiang Mai.




2017年6月21日水曜日

思い出の植物



空梅雨か?と思っていたら降りました。梅雨前線のしとしと雨とかではなく前線とともに少し発達しながらの低気圧。けっこう降っていて雨が止んだら風がもっと強くなるようです。雨が当たった後の高温には植物注意です。通風が大切な季節となりました。

こんなお天気なのでブログの更新です!

先日自分にとってはとても懐かしい植物に出会いました。
その植物にであったのは10年前くらいのこと。
オーストラリアでの出会いです。
何度か旅する国。当たり前のようにサーフィンとグリーンの旅になる。

確かこの年に行った時はMt.cootha(マウントクーサ)のボタニカルガーデンでオーストラリアのヤシとソテツの協会(PACSOA)のショーがあるというのも1つの目的だった。

ここのボタニカルガーデンでアローディアが地上で見事に生きているのが素晴らしかった。マダガスカルとオーストラリアはかつて島と大陸が本当に繫がっていたのか。
 PACSOAの会場はマニア、コレクターが自慢の植物見せて書籍や植物を販売するというイベント。会場にしばらくいるとおじちゃん達が近寄ってきて、「あんたー日本人でこのショー来たのあんた初めてよ。」って。そのあとこれは日本じゃ育たない、いゃ、育つだの言ってて面白かったな。重い書籍を買ってしまい帰りのオーバーチャージがドキドキでした。

そして会いたかったメッチャクチャカッコイイ夫婦がやっているレインフォレストの中のナーサリーに行ったり、マーケットで植物買ったり、友達に会いに行ったり、海の中でドルフィンに逢ったりしてたらあっという間に日々が過ぎてしまう旅でした。

いろいろ書くとすごく長くなってしまうのだけど、そんな中ガーデンセンターで出会ったとってもピンクなコルジリネ。最初見たとき凄く心が弾んだ。なんだこの色!
オーストラリアでもこの当時でたばかりの種類でエレクトリックピンクという。
オウストラリスでもなくバンクシィという種。
パテントがあって日本でも数年後に販売されるようになって見たことがあったのですがここ最近見ることがありませんでした。
が、先日このコルジリネに再び出会うことがあり連れて帰ってきました。
耐寒性も強く庭作りのアクセントになるプランツです。
旅先で出会った植物にはそれぞれの思い出があります。その一つの植物でいろいろな思いがよみがえってきました。
みなさんもそんなプランツに出逢えるといいですね。