2017年10月6日金曜日

お知らせ。



明日、10月7日(土)は臨時休業となります。
どうぞよろしくお願いいたします。
Binowee



2017年9月27日水曜日

Lithops Conophytum 花盛り



朝晩と気温が下がり昼間の温度が上がる、多肉植物・サボテンにとっていい季節になりました。
秋雨前線も多くなり関東では梅雨より秋のほうが雨が多いと言われております。
冬型の植物に何から手を入れましょうか。株分け、植替え、種まき、ん~この順にしようかな~。でも途中できっとズレますかね~。
 昼咲きのコノフィッツムが咲き、夕方にはリトープス・プレイオスピロスが咲き、夜咲きのいい香りのコノフィッツムが咲く。
植物達は大忙しです。
 最近の私のお気に入りのリトープス。
少しグリーンでヘブライ語のような模様の雀卵玉。
L.bromfildii mennelii C283
 リトープスにはたくさんの種類があります。
色も模様もいろいろあり一年栽培してその季節で変化を見れるのも楽しみの一つです。


話が変わり、最近こちらの冊子を手にしてくるお客様が増えました。
気軽に一人旅している方も多く中をめくっていくといい情報があったのです。
 こちら!お車の無い方必見です。県内と都内からも出ていて二日間電車とバスが乗り放題というのがあるようです。皆さん上手にコースを自分で作って観光しているみたいです。
販売期間はご覧のとおり。
詳しくはこちら
https://maruchiba.jp/miryoku/marugoto/39freepass.html

どうやらお得らしいです。


それでは良い秋を!


2017年9月16日土曜日

植木鉢とプラントハンガー



Binoweeの植木鉢を作ってくれている土の人横田さんに会いに行きました。
最後にお会いしたのは春。注文を入れていたのですが横田さんの体のことも心配だったので早くて年内に焼き上がるのかなと勝手に考えていたのですが、横田さんからの電話で元気な声で「岡田さん焼き上がってるよー!」って連絡があったのです。
会いに行くのが楽しみでした。相変わらず話しが好きな横田さんでした。ずーっと喋っていて元気そうでした。まだまだ頑張るよーって。
最初の電話の話の時からとても感心していたのですが会ったらもっとパワーをもらえました。そして相変わらず土だらけの姿でカッコよかった。
帰るときに新作をオーダーしたのですが焼き上がりが今から楽しみです。
 横田さんの作業場。
型も自分でいろいろ作ります。不思議な物がいっぱい。

横田さんのファンのみなさん、植木鉢たくさん入荷しました。
一点ものもありますよ~。

そしてこちらもお待たせしました。
コスタリカ出身のタティアナさんからプラントハンガーが届きました!
一つ一つ編み方ビーズの色が違いサイズもいろいろあります。
選ぶのが楽しいかと思いますよ。
それでは台風にお気をつけて!


2017年9月1日金曜日

ドラセナ・ドラコ



台風が来てつい最近の暑さが嘘だったかのように一気に秋めいています。
今回は直撃を免れるので一安心です。休日だったので波を求めて久しぶりにドライブしたのですが目掛けたポイントは思ったより良くなかったので小さいながらも形が良い波がブレイクしていないかと普段波のない海岸線を北上してみるも、人の多さと波数の少なさを眺め結局海岸線を一周して帰ってきました。よい波を求めるにはウネリの方向や潮の満ちひき風を読まないとその波に出会えていい思いができないのです。だけど期待をしつつ車を走らせているときはいい気分なのです。なんともいえないあの感じ。(笑)
 実生株がたくさん出来上がったドラゴンツリーのご紹介。
竜血樹ともいわれ大きくなると血のような赤い樹液を出す木です。鉢上げしている際に根の先は既に赤い色をしていました。樹齢はまだ二年くらいです。自分が生きている間にどこまで成長してくれるのかも見ていていたい。
こちらの写真集は憧れの旅をする写真家、木原浩さんのソコトラ島のドラコ。
是非夢を見ながら育ててください。



2017年8月25日金曜日

8月も残り少し。




残暑続いております。お盆が終わって少しゆっくりしておりました。
今日は家の中35℃を記録しました。暑いところに慣れてしまってるせいかスーパーに行くと冷凍庫の中に入っているような感覚になります。寒さに慣れてくるとそこまでの差を感じなくなるんですけどね。
暑いけれど陽も短くなり始めていることで植物達も少し変化を見せてきました。
冬型のものが花を咲かせ始めたり、小さい亀甲竜がお盆のときの寒さを感じ水を与えてないけど芽覚め始めたりと。

こちらは毎日歩く小道をふと横に目をそらすと虫たちが葉っぱになりすまし上手くカモフラージュしていて可愛らしかった。
Binoweeには古材を蘇らせるDEWさんから素敵なエアープランツスタンドが届きました。
すべて一点ものです。
コノフィッツムのペルシダム。小さい体のわりに大きな花を力いっぱい咲かせ始めました。産地いろいろです。
プセウドボンバックス。この樹形も良いけど切り詰めていくと下の株のようになりやすいです。何年かかるかな~。


さぁ、さぁ、これから忙しくなるぞー!



2017年8月7日月曜日

お盆期間中の営業



暑い日が続いております。溶けてしまいそうです。
キルタンサスのスピラリス開花です。人間もこんなふうにクルクルに進化できたら暑さをしのげるのかな~。
Cyrtanthus spiralis


*お盆期間中の営業*
8月11日(金)から16日(水)まで休まず営業致しております。

Binowee



2017年8月2日水曜日

August 夏の雨



昨日の夕方からの豪雨で空が洗われ暑かった空気が何だか秋らしい今日です。
家の部屋を全部閉めきっても扇風機回さなくても快適。
注文していた遮光ネットがやっと届いて店の屋根にかけ、台風が来るからとハウスの外していたビニールを雨が降る前に張ってしまおうと暑い中セコセコと頑張ったのですが太陽は和らぎ台風はあっちに行く?お天気つかむの難しいですね。

希少ティランジアのエディサエ開花中。美しいです。
Tillandsia edithiae
 ディスコカクタス いつの間にか咲いていた。
咲ききらない蕾からはエレガントな香りがしました。
Discocactus sp.
 プセウドリトスのミギウルティヌス結実中。大収穫際です。
種子から育ててみたい方、販売しますので声をかけてください。
Pseudolithos migiurtinus
8月5日(土)は千倉サンバフェスタです!
道の駅潮風王国で16:00から入場無料のイベントが開催されます。
http://chikura-samba.com/




2017年7月26日水曜日

Plants Plants Plants !



ずーっと続いていた暑さも今日から北よりに風が変わって涼しく過ごせています。
数日南風が強かったので海水が冷たく砂浜にいると天然のクーラーのようにひんやりして気持ちがいいです。

さて、お店の植物の紹介です。納品しても1点ものが多いためいつも紹介が間に合わずお客様の手に渡っていきますが今回はいくつか作れているのでご紹介します。

タリナム カフラム
親株は南アフリカからの輸入株です。原産はボツワナ、ナミビアに広がるカラハリ砂漠。
昨年からの実生で小さいながらも蕾を持ち始め株元も小さくふっくらしていてかわいいので出し始めました。
Talinum caffrum

アロマアカシア
こちらも実生です。何年たったかな?黄色いポンポンのとっても癒される香りの花が咲きます。何年か前の冬に開花株を出していたのですがあの香りがする花です。
Acacia farnesiana
写真探しました!これです。2011年の冬でした。
ラッセリア
メキシコ原産の比較的耐寒性があります。何とも言えないビビットカラー。
Russelia equisetiformis




2017年7月20日木曜日

Summer Day !!


7月

昨日、梅雨が明けました。18日の火曜日は7月に入って初めての恵みの雨が降りました。
家から見える隣りの海には何度も稲妻が走りすぐさま巨大な音をたて落ちていました。
暑い日が続きますがお店に足を運んでくださるお客様本当にありがとうございます。
さぁ、夏を楽しみましょう!
Vitex agnus castus チェストツリー
これから大きい台風に備えての下準備をしていきます。陽炎と共にジリジリです。
Frangipani
Goniophlebium


2017年7月7日金曜日

☆~☆~☆



暑い日が続いております。梅雨はどこへ行ってしまったのでしょう。
うちのネコたんライちゃんは暑いので夕方にならないと店に現れなくなりました。
 暑いけれど植物達は元気です!
ツルビニカルプス・グラキリス この小ささで三年目にしての開花。
Turbinicarpus gracilis
ウスネオイデスも一気に咲き始めました。
Tillandsia usneoidesu

明日から2日間千倉祭礼です!




2017年6月23日金曜日

プラティケリウム グランデ



プラティケリウムのグランデ 板に仕立てました。木材はBinoweeのカウンターの廃材だったりいろいろです。一年がかりで良い感じになるのではないか?と思います。
既にいくつか旅立ってしまいましたが気になる方はどうぞ!
今はまだこんなだけど大型で子吹きしないプラティケリウムです。
 Platycerium grande

写真は昨年チェンマイのカムティエンフラワーマーケットにて。
Khamthiang Flower Market Chiang Mai.




2017年6月21日水曜日

思い出の植物



空梅雨か?と思っていたら降りました。梅雨前線のしとしと雨とかではなく前線とともに少し発達しながらの低気圧。けっこう降っていて雨が止んだら風がもっと強くなるようです。雨が当たった後の高温には植物注意です。通風が大切な季節となりました。

こんなお天気なのでブログの更新です!

先日自分にとってはとても懐かしい植物に出会いました。
その植物にであったのは10年前くらいのこと。
オーストラリアでの出会いです。
何度か旅する国。当たり前のようにサーフィンとグリーンの旅になる。

確かこの年に行った時はMt.cootha(マウントクーサ)のボタニカルガーデンでオーストラリアのヤシとソテツの協会(PACSOA)のショーがあるというのも1つの目的だった。

ここのボタニカルガーデンでアローディアが地上で見事に生きているのが素晴らしかった。マダガスカルとオーストラリアはかつて島と大陸が本当に繫がっていたのか。
 PACSOAの会場はマニア、コレクターが自慢の植物見せて書籍や植物を販売するというイベント。会場にしばらくいるとおじちゃん達が近寄ってきて、「あんたー日本人でこのショー来たのあんた初めてよ。」って。そのあとこれは日本じゃ育たない、いゃ、育つだの言ってて面白かったな。重い書籍を買ってしまい帰りのオーバーチャージがドキドキでした。

そして会いたかったメッチャクチャカッコイイ夫婦がやっているレインフォレストの中のナーサリーに行ったり、マーケットで植物買ったり、友達に会いに行ったり、海の中でドルフィンに逢ったりしてたらあっという間に日々が過ぎてしまう旅でした。

いろいろ書くとすごく長くなってしまうのだけど、そんな中ガーデンセンターで出会ったとってもピンクなコルジリネ。最初見たとき凄く心が弾んだ。なんだこの色!
オーストラリアでもこの当時でたばかりの種類でエレクトリックピンクという。
オウストラリスでもなくバンクシィという種。
パテントがあって日本でも数年後に販売されるようになって見たことがあったのですがここ最近見ることがありませんでした。
が、先日このコルジリネに再び出会うことがあり連れて帰ってきました。
耐寒性も強く庭作りのアクセントになるプランツです。
旅先で出会った植物にはそれぞれの思い出があります。その一つの植物でいろいろな思いがよみがえってきました。
みなさんもそんなプランツに出逢えるといいですね。